特徴やメカニズム|根源から改善して腰痛を無くそう|痛みにララバイ

根源から改善して腰痛を無くそう|痛みにララバイ

メンズ

特徴やメカニズム

シニア夫婦

シイタケ菌糸体はがん治療において現在最も注目を集めています。すでにがんの代替療法でがん細胞を減らす効能があることが証明されています。今後ますますがんの代替療法として使用される可能性が高い食材です。そもそもシイタケ菌糸体とは我々が日常的に食べるシイタケの部分ではなく、その根の部分に当たります。シイタケ自体が免疫力を高める働きを持っていてがん細胞の増殖を防ぐといわれていますが、そのシイタケを成長させるものが菌糸体です。したがって、栄養素が集中しているので、シイタケ以上に免疫力を向上させる効果を持っています。しかも、がん細胞が免疫細胞を麻痺させる免疫抑制状態から回復させてくれるので、免疫力の活性化にもつながります。

シイタケ菌糸体に含まれている有効成分には、レンチナン、アルファグルカン、バニリン酸などがあります。これらの成分が免疫力の向上をもたらします。そのメカニズムは次のようなものになります。免疫抑制細胞が減ると、がんを攻撃する細胞が少なくなることを意味します。シイタケ菌糸体はこうした免疫抑制細胞が機能しないようにさせることで、シイタケ菌糸体は免疫力を高めることを可能にしています。直接的な治療法としては外科手術、放射線療法、化学療法がありますが、免疫力を高めることで、治療の補強をすることも大切なことです。シイタケ菌糸体が配合されたサプリメントを摂取することで、治療の可能性を大きくなりました。しかも、がん患者の体調不良の改善にも役立ちます。